安全安心健康部会

 公益財団法人日本体育施設協会
  戻る

■部会の概要

 本部会は体育施設の安全・安心・健康を確保・推進し、講習会・講演会・研修会等の開催、各種情報の収集、関係機関その他団体との連携などを行ない、もって国民体育の振興ならびに健康の増進に寄与することとともに会員相互の親睦をはかることを目的としています。


 具体的には、スポーツ施設における(1)傷病対応のあり方について、(2)健康推進のあり方について、(3)災害対応のあり方について、調査研究を行い、指針等を策定し、普及啓発することを活動内容としています。

 
イメージ画像

■主な委員会

I.  スポーツ救急手当関連/委員会

  1. AED関連/小委員会
    体育施設における適切なAEDの設置・保守管理のあり方に関するガイドラインを策定し、それによる整備・普及啓発を図る。
    詳細はこちら
  2. 外傷・環境障害・搬送関連/小委員会
    体育施設における適切な救急手当のあり方を頻度と重症度・後遺障害残存度により評価して、心肺蘇生法以外のプログラムを整備し普及啓発を図る。
    詳細はこちら
  3. 酸素蘇生法関連/小委員会
    体育施設における(特にプール)酸素を使用した心肺蘇生法のプログラム及び設置ガイドラインを作成し、その普及啓発を図る。
    詳細はこちら

スポーツ施設におけるAEDの設置・管理のあり方に関するガイドライン(PDF)

スポーツ施設における熱中症対策ガイドライン

スポーツ施設における酸素器材の管理に関する提言(暫定版)

II. 健康関連/委員会

III. 防災関連/委員会


All right reserved, Copyright(C) 2014, 公益財団法人日本体育施設協会 安全安心健康部会